保険相談前に知りたい
病気のリスク

  • >
  • 保険相談前に知りたい病気のリスク

生命保険をはじめとして保険には様々なプランが登場しています。人生で起こる様々なイベントや万が一のリスクに備えるために、支出を抑えて保障を十分に手厚くしたいとお考えになるのは当然のことです。ご加入頂く前の事前知識として、リスクの高い病気について知っておくことも重要なのではないでしょうか。

3大成人病とは?

3大成人病とは? 3大成人病と言えば、がん・心疾患・脳血管疾患の3つが知られています。
保険の相談でも最低限備えておくべき疾病です。
この3つは特に日本人に多い死因とされていて、業務が原因で起きた場合には労災でもカバーできるようになっています。特にがんに関しては早期発見で完治できるようになった事例も増えてきましたが、健康保険対象外の先進医療を活用して治療を受ける場合など、民間の保険で備えておけることも数多くあります。

5大、7大疾病

5大疾病とは3大成人病に高血圧症・糖尿病をプラスしたものです。7大疾病はさらに慢性腎不全・肝硬変がプラスされます。
特に食生活の欧米化や不規則な生活習慣が原因とされている疾病が多いです。これらの疾病は予備軍と診断されている方も多く、お勤め先で行われる健康診断の結果などを受けて保険の見直しやご相談を考えたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

それ以外に気をつけたいリスク

7大疾病に加えて、特に気をつけたい疾病リスクの1つとして精神疾患は見逃せないものです。長期入院が必要なケースも多いですが、現在民間の医療保険などで可能な保障は3大疾病に比べると不安な点が否めません。リスクに備えるのであればプロに相談し、じっくりと考慮してご加入になることをおすすめします。

保険は万が一の時に自分の命やご家族の生活を守ってくれるものです。広島で賢い保険に加入したいとお考えなら、当社のFPをご活用ください。お客様とご家族のライフプランやご希望を考慮した上で、最適な保険をご提案いたします。