藤の花通信

LECTのトマト

こんにちは、事務のKです。

新緑が眩しい季節になってきましたが、みなさんGWはどこかに
お出かけになりましたか?

 

私は後期高齢者の母にせがまれてLECTに行きました。
GWはホント~に混んでいました。
どのお店も行列ができていてお茶をするのにも一苦労(*_*;
母が迷子になるんじゃないかとヒヤヒヤしている私をよそに、
物珍しそうにキョロキョロしてる母。
傍から見ると滑稽なんだろうな~と思いながらも
ひととおり見て、トマトの苗を3株買って帰りました。

 

トマトの苗は庭に植えました。母が毎日水やりをしています。
青々と育っていますよ。

 

また収穫時には良い報告ができるよう、しっかり育てていきます!(^^)!


働き方改革で残業代給与が減った?

こんにちは。藤岡徹也です。

 

「働き方改革」って最近よく耳にしますよね。

 

少し気になる記事がありました。

 

厚生労働省が発表した3月の給与総額が前年同月比で10カ月ぶりに下回ったとのこと。

 

会社が長時間労働を見直しはじめた事で、残業が減ったため、給与受取額が減った事が要因だとか。。

 

働き方改革で、思わぬ懐事情までも影響するとは、中々難しい問題ですね。

 

一方で、残業が減ることによるメリットも。。

 

残業が減ることで、自由になる時間が増えた人が、消費を増やすとの見方もあるらしいです。

某大学教授の話では、「時間ができたら、消費したいという層が意外といる」ということです。

 

そもそも、国が働き方改革を進めるのは、育児や介護などと仕事を両立しやすくして、働く人を増やしたいのが狙いなのですね。

 

まあたしかに、長時間労働が減り、柔軟な働き方が浸透すれば、働く主婦や高齢者が増え、世帯収入も増えるとは思いますけど。。。

 

そううまくいけばですがね・・(笑)

 

社員も、残業が減って喜んでばかりいると、残業代が減って手取りも減るわけですから、難しいですね。

 

「働く意欲」と「働き方改革」とのバランスは、まだまだ、一筋縄では、ゴールが見えないような気がします。

 

では!

 

 

 

 


置かれた場所で咲きなさい

こんにちは 藤岡多嘉子です。

さて、読書好きというお客様のお話から、私も以前から読みたかったこの本を読んでみよ

うと、ようやく手に取りました。

IMG_0527

新聞は読みますが、読書下手な私が(というか時間がなく読書するなら、眠りたい)

なぜこの本にピンときたか!?

そのタイトルです( ゚Д゚)!

「置かれた場所で咲きなさい」

なんとも言えないくらいの衝撃でした!!

結婚された方、それにより仕事を辞めたり変わられた方また転勤が多い方。

病気をされた方等、人生における環境の変化は皆様々です。

前向きな私ですが、時にこんなはずじゃなかった。。。と嘆きたくなるのは

私の未熟さ故なのですが、

やはり未熟な私。

だけど、それを受け入れ、今置かれた場所で枯れるのではなく、

咲きなさいと☆☆☆

そんな日が来ればいいなと思う今日この頃です。